国立カレル大学医学部

国立カレル大学医学部

トップレベルの教養と伝統をあわせもつ

カレル大学は1348年に神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王によってプラハに設立された、中欧において最古の国立総合大学です。その刻まれた歴史には、物理学者アルバート・アインシュタインが教壇に立ったこともあり、多くのノーベル賞受賞者を輩出しています。大学は、17の学部と4つの教育施設からなり、5万人を超える学生が在籍しています。そして、カレル大学医学部は、「世界で最も歴史のある大学医学部の15校」の一つに選ばれました。
チェコ国内のみならず、世界の18,000にのぼる高等教育機関の中でも、上位2%にランクインされるなど、世界でも注目を置かれている大学です。
(Academic Ranking Worlds Universities 2013, QS World University Ranking, Times Higher Education World University Ranking2013参照)

  • ● EU各国:医師免許
  • ● アメリカ:USMLE(United States Medical Licensing Examination)の受験資格
  • ● 日本:医師国家試験の受験資格(個々人が審査を受ける必要がある)

General Medicine(医学部本コース)

医学部本コースは6年制であり、入学してから3年間は主に理論的な授業を行い、1~2年生は基礎医学の知識基盤を固めます。主に、授業は、講義と実習(セミナー、顕微鏡レッスン、実験室作業)で構成されています。3年生からは、外科学・内科学の基礎、薬理学、病理学を履修します。4年生からは、病院で学ぶ臨床科目を集中的に勉強します。6年生は一年間病院研修になります。病院研修は、チェコ国内または海外の病院で行うことが可能です。日本で病院研修を行うことも可能です。
期末試験のほとんどの科目が、筆記試験だけでなく、口頭試問が行われます。これは、実際に医師になった時に、患者に寄り添った問診ができるコミュニケーション力を高めることを意識しているからです。
6年間の医学部カリキュラムを通して、最先端の知識と技術を修得できる教育プログラムとなっています。

Medical Preparatory Program(医学部予備コース)

カレル大学は、医学部に入学するための準備コースとして、医学部予備コースを提供しています。予備コースは、プラハから車で45分程の街、ポデブラディ(Podebrady)のスタディセンターで実施されます。
ポデブラディは、プラハから50㎞程に位置する温泉やスパで有名な街です。キングジョージの歴史的記念式典、ファマド演劇祭など、毎年イベントが開催され、地元の人たちだけでなく観光客で街中が活気づいています。予備コースは全寮制であり、入学当初は、寮生活となります。二人部屋ですが、空き状況により、一人部屋をリクエストすることができます。寮には、自習室、コンピュータールーム、キッチンが備わり、生活環境も整っています。